用語集

このサイトで使われている用語を解説してるページです。一部 太電独自の用語がありますのでそれについてもご紹介します。

 

目次

  • UIC番号
  • UIC分類記号
  • 車両限界
  • 車両形式表記



UIC番号

UIC番号とは、国際鉄道連合が車両などにつけるように規定している識別番号である。

太電では、全ての客車と貨車にUIC番号を付けている。これは、ロシアへの国際列車があるためその際 ロシア人やヨーロッパ人でも分かりやすくするために付けている。また車両の管理をしやすくするためにも付けられている。

下記でご紹介する内容は管理人個人がウェブや書籍で調査した情報で、間違っている可能性がありますので参考程度に御覧ください。

データは国別番号がUIC公式サイトで配布されているPDFを元に、その他番号については国内のサイト様(1)と海外のサイト様、書籍の情報を参考にしています。2013年頃の情報なので現在は変更となっている場合があります。

 

何かUIC番号に関する情報や間違いがあれば 管理人までメールを送っていただけると幸いです。

 

UIC番号は、12桁の数字から構成されており、「50 42 09-70 000-3」(例)などと表記される。

左から一桁目・二桁目は、車両種を。三桁目・四桁目は、国と事業者を。五桁目・六桁目は、車両仕様を。七桁目・八桁目は、最高速度と暖房方式を。九桁目・十桁目・十一桁目は、車両番号を表している。十二桁目は、確認番号である。

なお、車両番号に関しては必ずしも3桁では無い

 

・チェック番号について

チェック番号は2と1を交互に掛け、答えの数字をすべて加えた後、和の一の位と10との差がチェック番号となる。

 

・動力車のUIC番号について

こちらについては現在 調査中ですが、国によって若干番号の付け方や表記が異なる様です。もっともUIC番号が一般的に使われているのはドイツやポーランドで、ポーランドなどは上の国別番号等を除いた番号を表示している様です。

 

・RIVとRICとは

RIVは、「Regolamento Internazionale Veicoli(国際貨車法)」の略で 国際運行する貨車に必要となってくる物で、いわば貨車の国際ナンバーです。技術的条件を満たせばこのRIV登録が出来ます。

RICは、「Regolamento Internazionale delle Carrozze(国際客車法)」の略で 国際運行する客車に必要となってくる物です。上記のRIVの客車版と言えるでしょう。

欧州の客車及び貨車は、基本的にはこの二つに登録されている貨車・客車が国際運行をしています。

 

・プルマン

プルマンは、アメリカの寝台・鉄道車両製造会社です。中央通路タイプの開放式寝台や、食堂車、軽食を販売していたラウンジカーの事を「プルマン式」や「プルマンカー」と呼びます。しかし意味は国によって異なり、日本では一般的に581・583系などのタイプの開放式寝台を意味します。

このUIC番号における「プルマン」は、軽食が楽しめるラウンジカー(ロビーカー)を意味します。食堂車(ダイニングカー)とは厳密には別物だと思われます。

 

 

 

太電客車におけるUIC番号
太電客車におけるUIC番号

UIC分類記号

UIC分類記号は車両の分類を示す記号です。太電では英字の主記号とカタカナの従記号を使用しています。

2015‎年‎6‎月‎13‎日現在

主記号 従記号
A 一等車 一等車
B 二等車 座席を簡易寝台に転換可能な車両
AB 一等/二等車 近郊型
AR 一等車+厨房・供食設備有 車いすに対応した車両
BC 二等車+バリアフリー 通常より少ないコンパートメント
BR 二等車+厨房・供食設備有 三等車
AD 一等車+荷物車 二段式二等寝台
BD 二等車+荷物車 制御車
D 荷物車 二等車
DA 一等二階建車 三段式二等寝台
DB 二等二階建車 多扉車(2扉以上)
DD 2階建車両車運車 展望車・ロビーカー
K 狭軌鉄道車両 特別車・零等車
F 郵便車 多目的車
FR 食堂車+乗員室・荷物車 シャワーがある車両

AF

一等郵便合造車 トイレがある車両
BF 二等郵便合造車 食堂車・軽食堂車・自動販売機がある車両
DF 郵便荷物車 全長22m以上
WG クラブカー 荷物車
WGS 特別クラブカー

車掌室・乗務員室がある車両

SR クラブカー 国際列車
Salon 展望車    
WR 食堂車    
WL 寝台車    





車両限界

車両限界とは、全ての鉄道車両が従わなければならない、車体断面の大きさの限界範囲のことである。

太陽電気鉄道の鉄道線では、下記の様に定められています(一部特定路線を除く)

 

名称 軌間 最大幅 最大高 最大長 主な適用路線

第一種甲(TLSJ-A1)

ТГР Класс Яп-1

1,067mm 3,000mm 4,320mm

22m(先頭24m)

一部を除くほぼ全ての路線

第一種乙(TLSJ-A2)

ТГР Класс Яп-2

1,067mm 3,000mm 4,500mm 25m(先頭26m) 幹線の多く

第一種丙(TLSJ-A3)

ТГР Класс Яп-3

1,067mm

1,435mm

3,400mm 4,650mm 25m(先頭27m) 青森高速線 など
第二種甲(TLSJ-B1) 1,067mm 3,000mm 4,100mm 20m(先頭22m) 地方線の一部
第二種乙(TLSJ-B2) 1,067mm 3,000mm 4,100mm 18m(先頭20m) 草津高原線などの山岳路線
第二種丙(TLSJ-B3) 1,067mm 2,750mm 3,380mm 18m(先頭20m) 現在はなし

(TLSJ・・・Taiden Loading gauge Standard of Japanの略で日本国内における太電の車両限界と規格、TSと略されることもある)

(ТГР・・・Тайдэн Габарит подвижного состава из Россияの略でロシア国内における太電の車両限界と規格)

ТГР規格のクラスイポーニヤ(Яп)は、主に樺太島内で使用されている日本に合わせた規格です。

 

 


車両形式表記

車両形式表記は、太陽電気鉄道内で車両側面に表示しなければならない重要な表記です。

車両番号・保安装置・車両長と規格・電化方式・所属・設備・定員・重量が表記されます。

表示内の表記の意味は、下記の通りです。

車両形式表記は、太陽電気鉄道内で一部を除く車両の側面に表示しなければならない重要な表記です。

車両番号・保安装置・車両長と規格・電化方式・所属・設備・定員・重量が表記されます。

表示内の表記の意味は、下記の通りです(一部表記は機種依存文字を使用しています。)

 

車両番号内の表記   保安装置内の表記
表記 意味   表記 意味
T 付随車 TS ATS-T(太電式自動列車停止装置)
M 動力車 TC ATC-T(太電式自動列車制御装置)
D ディーゼルカー KS ATS-K(霞鉄型自動列車停止装置)
W 客車(通常は使用しない) OS ATS-OT(大急自動列車停止装置)
c 制御車 FS ATS-FS(太電貨物式自動列車停止装置)
z 検測車 PF ATS-PF(JR貨物自動列車停止装置)
r 特別車 DS DS-ATC(東新幹線型自動列車制御装置)
e 電源車  
b 半室食堂車 電化方式内の表記
  DC 直流電化方式(架空電車線方式)
規格の表記 DT 直流電化方式(第三軌条方式)
RJC 太電日本国内車両規格(~2016年) AC 交流電化方式(第三軌条方式)
TSA1 太電日本車両規格第一種甲(2016年~) 50/60 50Hz及び60Hzに対応
TSA2 太電日本車両規格第一種乙(2016年~)  
TSA3 太電日本車両規格第一種丙(2016年~) 設備内の表記
TSB1 太電日本車両規格第二種甲(2016年~) CL セミクロスシート
TSB2 太電日本車両規格第二種乙(2016年~) C クロスシート
TSB3 太電日本車両規格第二種丙(2016年~) L ロングシート
UIC 国際鉄道連合規格(欧州規格)対応 🚲 自転車スペースあり
EMU 動力分散方式電車 車椅子スペースあり
DMU 動力分散方式気動車 🚾 トイレあり
DC 気動車