太陽電気鉄道の一部近郊地域の駅は、無人駅となっています。

駅員が居ない駅では、乗り方・降り方が下図のようになります。また、降りるお客様は運転席後ろの扉からの降車となります。

 

※駅員が居る駅では、すべての扉から乗降して頂けます。

※運賃箱は千円札と硬貨のみ使用が可能です。両替はお早めに、運賃箱の両替機でお済ませください。

※運賃を払う際は、つり銭が出ない様お願いします。

 


乗降方法

駅員が居ない駅での乗り方

  1. ホームのワンマン乗車口表示のある場所でお待ちください。
  2. 列車が到着しましたら、乗車口からドア横のボタンを押して、ご乗車してください。
  3. 乗車時は必ず、整理券をお取りください。定期券やお得な切符でご利用の方も整理券をお取りください。

※ご乗車時は足元にご注意ください。

駅員が居ない駅での降り方

  1. 前1両目の最前部の運賃表と整理券番号をお確かめの上、運賃をご用意ください
  2. 運賃箱に整理券と運賃、または乗車券をお入れください。定期券やお得な切符は運転士にお見せください
  3. 降車のお客様は、車内のドアボタンを押し、ドアをお開けください。

※降車時は段差と足元にご注意ください

有人駅で乗り降り方

有人駅では、全てのドアから乗り降りできます。

乗り降りの際は、ドア横のボタンを押してドアを開けてください。閉める際は、周りのお客様に十分注意してください。

 

ご乗車の際、どなた様も整理券は必要ありません。

 

きっぷ、運賃と整理券は、駅係員にお渡しください。

定期券、お得な切符は、駅係員にはっきりとお見せください。

 


扉の開き方

1両目後ろよりのドアが入口、前より(運転士がいる方)が出口になります。

その他の車両とドアは開きませんのでご注意ください。


特殊無人駅のご案内

太陽電気鉄道には、通過前提に太陽電気鉄道法に基づき設置された駅である「特殊無人駅」があります。

特殊無人駅では、「のりば」と書かれた場所にボタンがありますので、ボタンを押して、列車が来るまでお待ちください

ボタンを押さないと、列車は普通列車(各駅停車)でも停車しませんのでご注意ください。

 

特殊無人駅は、北海道管理局、東北管理局、北陸管理局、九州管理局管内にあります。

詳細に関しましては、各管理局へお問い合わせください。

 

※一部地域では、冬期の営業はありません。