会社概要

会社名

太陽電気鉄道株式会社

Taiyo Electric Railway Corporation

Таиё электричество железные дороги

代表取締役

社 長

武市 慎介

Takeichi Shinsuke

創業年

明治45年(1912年)6月12日

設立年

昭和39年(1964年)5月23日

資本金

2500億円

本社位置

愛知県名古屋市中村区名駅一丁目

太電セントラルビルディングス

市場情報

非上場(1987年廃止)

主要株主

太電ホールディングス(50%)

財務大臣(34.9%)

都道府県(15.1%)

社員数

118,940人

主な諸元

路線数  

営業キロ 

駅数   

車両数  

事業内容

・旅客鉄道事業

・貨物鉄道事業

・索道業

・旅行業

・電気通信事業

・電気供給事業

・設備工事業

・不動産業

・輸送用機械器具製造業

など

主な子会社

太陽近郊鉄道

太陽の光鉄道

東京環状鉄道

亀山鉄道

房州鉄道

社長よりご挨拶

今から約100年前に高円寺電氣軌道として武市太郎によって設立された我々太陽電気鉄道は、現在まで多くのお客様を安全第一で輸送、皆様を笑顔にして参ります。

 


コーポレートカラー

●ロゴマーク

2012年に太陽電気鉄道事業改革としてロゴマークが制定されました。

「t」と「y」を組合せ、「種から新芽が出て、新たな時代の始まり」を表現しています。

 

●スローガン

太陽電鉄には数種のスローガンがあります。

一般的に使われているのは

「Pleasant Trip and Hearty Smile(楽しい旅と元気な笑顔)」

新路線開業等の際は、「あなたの街の新しい鉄道」

またその様々なスローガンが使われている。



役員一覧

太陽電気鉄道(日本)

Taiyo Electric Railway

代表取締役会長

武市 良人(たけいち よしひと)

(太電ホールディングス 代表取締役社長)

代表取締役社長 武市 慎介(たけいち しんすけ)
代表取締役副社長 武市 良太(たけいち りょうた)
専務取締役

武市 七朗(たけいち ななろう)

武市 陸(たけいち りく)

武市 慎介(たけいち しんすけ)

武市 国雄(たけいち くにお)

上野 忠助(うえの ちゅうすけ)

北村 治郎(きたむら じろう)

佐々木 茂樹(ささき しげき)

辻山 欣哉(つじやまきんや)

常勤監視役

北山 力(きたやま りき)

仁丸 情朗(ひとまる じょうろう)

佳山 一志(かやま ひとし)

監視役

英山 不二雄(ひでやま ふじお)

山田 信弘(さんでん のぶひろ)

中央機関

武市 慎介(たけいち しんすけ)

(太陽電気鉄道代表取締役社長)

南樺太管理局長

佐久間 正光(さくま まさみつ)

北海道管理局長

阪島 直樹(はんじま なおき)

東北管理局長

下田 源(しもだ はじめ)

関東管理局長

武市 幸子(たけいち さちこ)

北陸・佐渡管理局長

岡田 大将(おかだ だいすけ)

中部管理局長

武市 国雄(たけいち くにお)

地下鉄管理局長

武市 慎太(たけいち しんた)

松本管理局長 林 和彦(はやし かずひこ)
関西管理局長

武市 京子(たけいち きょうこ)

中国管理局長

後藤 新平(ごとう しんぺい)

四国管理局長

越智 茂(おち しげる)

九州管理局長

龍野 隆明(りゅうの たかあき)

沖縄管理局長

比嘉 哲也(ひが てつや)


Тайдэн железные дороги(太電ロシア)

Taiden Russian Railway

代表取締役社長

最高経営責任者

武市 信

Такзити Син

代表取締役副社長

最高財務責任者

ウラジーミル・イワノヴィチ・カバレフスキー

Владимир Иванович Кабалевский

北海道管理局

阪島 直樹

хандзима Наоки

南樺太管理局長

佐久間 正光

Сакума Масамицу

中央管理局長

グリゴリー・エドワルドヴィチ・カバレフスキー

Григорий Эдуардович Кабалевский

南部管理局長

ドミートリー・エドゥアルドヴィチ・ゴルバチョフ

Дмитрий Эдуардович Горбачёв

北西管理局長

ユーリ・ニコラエヴィチ・コマロフ

Юлий Николаевич Комаров

北樺太管理局長

ニコライ・ヨシフォヴィチ・グレチャニノフ

Николай Иосифович Гречанинов

極東管理局長

アレクセイ・ステファノヴィチ・クリカレフ

Алексей Степанович Крикалёв

東シベリア

   管理局長

エフィム・アレクサンドロヴィチ・ガブリロヴィッチ

Ефим Александрович Габрилович

西シベリア

   管理局長

セルゲイ・レオニドヴィチ・プーチン

Сергей Леонидович Путин

ウラル管理局長

アレクサンドル・ニコラエヴィチ・イラリオノフ

Александр Николаевич Илларионов

ヴォルガ管理局長

ウラジーミル・ドミートリエヴィチ・レイフェルクス

Владимир Дмитриевич Лейферкус

ETB TCFE TER(太電欧州)

Taiden Europe Railway


歴代社長 等

主な役職

名前(生年)

在任期間

太陽電気鉄道

初代総帥

†武市 太郎(1885~1969)

1912~1945

太陽電気鉄道

二代目総帥

武市 剛太郎(1911~1998)

1945~1967

太陽電気鉄道

三代目総帥

武市 忍郎(1914~2006)

1967~1970

太陽電気鉄道

四代目総帥

武市 良一郎(1933~)

1970~1984

太陽電気鉄道

五代目総帥

武市 渡(1935~2015)

1984~1990

太陽電気鉄道

六代目総帥

武市 良人(1957~)

1990~2007

太陽電気鉄道

七代目 現 総帥

武市 慎介(1960~)

2007~

関東帝國鐵道

初代総裁

榎本 武揚

1878~1885

関東帝國鐵道

二代目総裁

吉田 金次郎

1885~1891

関東帝國鐵道

三代目総裁

山本 正毅

1891~1896

関東帝國鐵道

四代目総裁

小倉 古志郎

1896~1898

関東帝國鐵道

五代目総裁

 

1898~1901

関東帝國鐵道

六代目総裁

 

1901~1914

関東帝國鐵道

七代目総裁

 

1914~1918

関東帝國鐵道

八代目総裁

 

1918~1924

関東帝國鐵道

九代目総裁

 

1924~1929

関東帝國鐵道

十代目総裁

 

1929~1932

関東帝國鐵道

十一代目総裁

 

1932~1937

関東帝國鐵道

十二代目総帥

 

1937~1940

関東帝國鐵道

十三代目総裁

 

1940~1946

日本鉄道公団

初代総裁

 

1946~1954

日本鉄道公団

二代目総裁

 

1954~1962

日本鉄道公団

三代目総裁

 

1962~1966

日本鉄道公団

四代目総裁

 

1966~1974

日本鉄道公団

五代目総裁

 

1974~1982

日本鉄道公団

六代目総裁

 

1982~1987



主な子会社

北海道鉄道

1987年の国鉄民営化に伴い旧国鉄北海道支社旭川鉄道管理局管内の路線が第三セクター系として運営されることとなり、設立されたのが北海道鉄道である。

北海道鉄道は、1989年に特別会社である太陽電気鉄道の完全子会社となった。

 

成田空港連絡鉄道

1988年(昭和63年)に新東京国際空港への空港連絡鉄道として設立されたのが成田空港連絡鉄道である。

太陽電気鉄道が株式の半分を保有してるため子会社として扱われている。

房州鉄道

1987年の鉄道公団民営化に伴い房州地方路線を管理・運営する第三セクターとして設立されたのが房州鉄道である。

正確には一度太陽電気鉄道に路線が移管されてから会社が設立されて移管された。

亀山鉄道

1987年の国鉄民営化に伴い国鉄亀山線などを管理・運営する第三セクターとして設立されたのが亀山鉄道である。

房州鉄道と同じ経緯で設立・移管が進められた。

太陽近郊鉄道